【2022版】おすすめ快適ベイトシーバスリール4種紹介!

タックルインプレ

皆様こんにちわ。土屋きゅうりです。

ベイトシーバサーの皆様、ベイトタックル使わない皆様も今期シーバスの調子はいかがでしょうか。

私は地獄の夏(10釣行以上ほげとかザラだった)を経て、ようやく秋めく湾奥恩恵を日々頂いています。。。。

これから沖から入ってくるベイトの種類も増えてきて、色々なパターンで楽しめるハイシーズンがやってきます。

じゃあそのハイシーズンをより楽しむには、、、、ベイトタックルですよね!!(こじつけ笑笑)

今回は私が2022上半期までに直近使用してきたベイトリールの中で個人的にシーバスはこれだ!!って機種が見えてきてので紹介していきたいと思います。

土屋きゅうりが直近数年で使用したリール一覧

私土屋きゅうりが直近数年で使用したベイトリールが以下です。

21アンタレスDC
22エクスセンスDC
22アルデバランBFS
22バンタム
22タトゥーラTW
80
16メタニウムMGL
18アンタレスDC MD
20メタニウムシャローエディション
22ジリオンTW HD
21スティーズA TW HLC
21アルファスSV TW
21ジリオンSV TW
16アルデバランBFS
17エクスセンスDC
21アルファス AIR TW
20タトゥーラSV TW
20カルカッタコンクエストDC101
19アンタレス

なかなか頑張りましたよねぇ。。。。

既に手元にない機種もありますのであしからず。

この中から快適リールを4機種紹介させて頂きます!

もちろん私の独断と偏見の塊選出なので、あくまで参考値としてください。

快適リールの選択基準

あくまで東京湾奥などで一般的な河川や港湾が対象

ベイトシーバスで快適に使えるリールと一言いっても、状況・フィールド・環境・使用ルアー帯などによって大きく変わってくるものです。

今回は私土屋きゅうりが活動している東京湾奥目線でジャイアントベイト系に寄せな内容とお考えください!

ジャイアントベイトメインで使う、磯で使う、サーフで使う、大型青物や巨大魚を相手にする場合などはラインキャパや剛性などそもそもの前提が変わってくるかと思います。

選択基準① 飛距離

シーバスゲームで一番重要と言っても過言ではない要素です。

ただしベイトリールでいう飛距離というのは全力限界超えて超最大飛距離出すという単純な話ではなく、

「トラブルリスクを最大限抑えた状態で安定した飛距離を投げ続ける」

というのが求められるセッティングです。

カリカリにしすぎたセッティングだと

「沖でボイルが起きた!! フルキャスト! ギャンっっぶちぃっ・・・・・・・・・(唖然) 」

これが本当にしんどい笑

やる気100あるのがやる気40くらいまで激萎えしますよね。しかも焦るとFG編むのにめっちゃ手こずる笑

シーバスゲームは特に時合いがシビアです。復帰に時間がかかって時合いが終わるなんてザラにあります。

上記を踏まえて安定飛距離が高く出せるリールが優秀だと考えています。

選択基準② ルアー対応力

リールを選択するとき、自分がよく使うルアー重量帯を快適に使用できるリールってなんだろうって探し方をしますよね。

河川や港湾シーバスゲームで使用するルアー帯は5g~30g程度が多いです。

ベイトリールは難しいもので、リールの得意分野がこの適応g帯に大きく現れます。とはいえ、ルアーに合わせて毎回リールを変更することなんてできませんよね。。。

今回は汎用的なルアー対応力を持ったリールを優秀と考えています。

他にも基準はたくさんありますが、長くなってしまうので今回はこの基準2つの基準で選出しました。

共通のおすすめセッティング

ロングリーダーについて

リール紹介前に共通でやったほうがいいセッティングがあります。(本線がPE前提)

それはズバリ

「ロングリーダー」

です!

私はがっつり巻き込むほどロングリーダーにしています。

もうベイトキャスターの皆様にはお馴染かもしれませんが、まだチャレンジしてない方は絶対やったほうがいいです。

私は7ヒロ程度(約10M強)をとっています。ロングリーダーには様々なメリットがあるのですが、今回私が伝えたいのは「PE適正セッティングをより組みやすくなる」ということ。

高切れが発生するのって初速で出るラインの部分です。キャストの初速で高回転になったスプールの糸が若干浮きあがりバックラッシュ、PE本線がそのエネルギーを受けきれず高切れする。

ロングリーダーにすると初速で引っ掛かってもリーダーならショックを吸収して高切れを防ぐ。それも間違えないですが、私が伝えたいのは

初動部がフロロならそもそも初速時ラインが浮いてもバックラッシュしないんですよ!!

バスとかでメインラインがフロロの時、初速でバックラッシュ&高切れしたことありますか?恐らくほぼないですよね。もちろんブレーキが全然あっていなくてバックラッシュするのは別です。

初速のライン浮きはほぼ適正セッティングでも起きます。なので初速部がPEだと余計なブレーキが必要で結果飛距離が落ちます。

ロングリーダーは思わぬ飛距離恩恵を生み出すのです。

ロングリーダーセッティングの注意点

じゃあロングリーダーにしていれば最高なのね!ノンノンノン。

ロングリーダーというのはショートリーダーに比べてレベルワインダーも通るし、ガイドも全部通ります。いつものセッティングでやるとガイドに引っ掛かって再起不可能なバックラッシュになるので気を付けてください。

注意点その① FGの焼きコブはできる限り小さく作る

作らない方もいるかと思いますので、焼きコブ作らない人は読み飛ばしてOKです!

焼きコブはFGノットで一番外側へ影響の出る部分です。できる限り最小でかつ結束強度を上げれる絶妙な焼きコブを作りましょう!

私は現地で結束直すとき、風強くて焼きコブでかくなっちゃってトラブル増えることあります笑

焼きコブ次第で全然フィーリング変わるので絶対気を使ってください!なんなら焼きコブなしで結束高いFGの練習しましょう!!(私含めて)

注意点その② ガイド径の大きいロッドを使用する

これもめちゃめちゃ重要です。

「もうかんっぺきなFG組んだ。絶対最強。」これでもガイド径の小さいロッドだとバックラッシュの雨あられです。メンタルおかしくなります。

Fishmanさんのロッドやシマノさんのスコーピオンやワールドシャウラシリーズなどガイド径を大きくしているよってうたっているロッドがいいです。

他の竿を希望されている場合は上記のようなガイド径の大きいロッドと比較してみて、お好きなロッドを選んでいただくといいです。

注意点その③ リーダー込みでスプールエッジを超えないこと

本線をスプールエッジギリギリまで巻いてそこにロングリーダーを巻き込むとスプールエッジの上にがっつりリーダーが乗ることになります。

こうなるとキャスト時にめちゃめちゃラインが暴れるんですよね。そのため、レベルワインダーにノットが変な干渉をするのでロングリーダー特有のトラブルが増えます。

糸巻きする場合はロングリーダーがスプールエッジを超えないように絶妙な糸巻きセッティングをしてください。

絶妙な下巻き具合でPE1.5号+10Mリーダーを綺麗に収まるように設定。

手間ですが、これだけ手間をかけてもやるべき。

快適ベイトリール4選!

いつものことながら前置きが超長くてすみません笑

今回選んだ4種ですが、ほぼ2機種みたいなものです。

Daiwa 21ジリオン SV TW 22ジリオン TW HD

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 21 ジリオン SV TW 1000P/1000/1000H/1000XH 右/左ハンドル (2021モデル)
次世代両軸ベイトリール HYPER DRIVEデザイン採用 タフバーサタイルリールの真打登場。HYPERDRIVEデザインによる高い基本性能が永く続くことを目指し、全ての基本性能の水準を大幅に高めた設計思想の次世代ベイトリールが登場。HYPERDRIVE DIGIGEAR搭載で、強く滑らかな回転を実現し、HYPER A...
ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22ジリオン TW HD 1000H/1000HL/1000XH/1000XHL 右/左ハンドル(2022モデル)
高い初期性能が長く続くことを目指した設計思想「HYPERDRIVE DESIGN」搭載! 次世代ベイトリールとしてタフバーサタイルリールの大本命ジリオンシリーズに最新テクノロジー「MAG-Z BOOST」を搭載したヘビーデューティー&ロングキャストモデルが登場。 高強度真鍮をドライブギアに、そして、高強度高耐食銅合金を...

きましたね~21ジリオンベースの2機種。

もう皆さんご存じの機種かと思います。

どちらとも34mm径スプールの汎用的なリールです。ですが遠投飛距離も申し分ないです!

今後Daiwaの36mm径で安定して優秀な機種が出てくれば変わるかもしれませんが21スティーズHLCかなりピーキーなので飛ばします、最近の機種ではこの2機種がかなり強いです。

34mm径の対応力で5~7gくらいのルアーでなんとか投げれますし、25g超えのルアーでもお手の物です。またクイックなキャストにも非常に向いていますので、ボートシーバスなんかでも活躍します。

21ジリオン SV TWのほうがスプールが軽い分より軽量ルアーが扱いやすく、

22ジリオン TW HDのほうが重めのルアー帯の遠投向きかなと感じました。

とはいえこの2機種は劇的に使用感が変わるわけではないので、それぞれの特徴をもとに選んでいただければいいかと思います!

Shimano 21アンタレスDC 22エクスセンスDC

シマノ(SHIMANO) 両軸リール 21 アンタレスDC 各種
弾道で魅せよ。飛びの境地へ挑むロープロベイトの旗艦。ストイックに飛距離を追求するアンタレスDCが、最新の技術を結集して生まれ変わりました。 立ち上がりが軽く伸びのよい弾道を生み出すMGLスプールIIIをDCリールとして初めて採用。 緻密な制御が可能な4×8DCブレーキとの相乗効果で、遠投性能にさらなる磨きが掛かりました...
シマノ(SHIMANO) 22エクスセンスDC XG RIGHT
僅かな回転変化も逃さず制御。技術革新がもたらす並外れたブレーキ性能。 技術の進歩により生まれ変わったNEW 4×8 DC EXSENCE TUNE。これまで以上により緻密なブレーキの制御が可能になりました。また、MGLスプールIII、サイレントチューン、S3Dスプールとの相乗効果によりキャスト性能が劇的に進化しています...

こちらもお馴染21アンタレスベースのリール2種です!

もうこの2機種はどちらでも最高です!笑

ほぼ差がない2機種ですが、22エクスセンスDCのほうが若干ブレーキが弱めの設定でブレーキ力の幅を利かせられます。ドラグサウンドがあるのも22エクスセンスの特徴ですね。

ただし見た目は海水対応鏡面となったアンタレス。。。。うーん悩ましい!

キャスト性能は申し分ないです!急な風の変化で大バックラッシュってことも少ないですし、この記事で散々言っている安定した最大飛距離を引き上げることのできる機種です。

下限値ぎりぎりのぎりで契約メーカーLEGAREのシュリペン(5g)を投げれます。

シーバス用ルアーだと8gあたりからだと問題なく使用できると思います。

2022上期 最も使ったロッド2種

人気沸騰中のFishmanロッド、今シーズンは私もどっぷりFishmanロッドを使用しています。

その中でも2機種をシーズンごとに使いわけましたのでご紹介します。

Fishman BRIST VENDAVAL 10.1M

フィッシュマン ブリスト ベンダバール 10.1M FISHMAN BRIST VENDAVAL
今度のベンダバールは沖のボトムをも攻略できる感度を装備 ●10.1ftベンダバールのミッションは2つ。●1つ目はもちろん長距離砲。8.9Mを上回る飛距離叩きだすことができる。●2つ目は感度。クローラシリーズやNewインテ6.4ULにも実装している、「張りがあるのにしなやか」な要素を長尺ロッド用に、しなやかさはそのままで...

長距離砲!VENDA10.1M!

元々湾奥なら10Ftロッドいらんやろ派だった私。その常識を覆されました笑

10ftロッドでそこそこ重量もある竿なんですが、不思議と取り回しがいいんです。

ティップが柔らかくバット強靭なFishmanらしい特徴のおかげで比較的軽いルアー(6~8g)から2oz級のビッグベイトまで1本でいけちゃいます。

もちろん10.1ftなので抜群な飛距離をたたき出します。

「バチやハクをより快適に」「小規模河川メイン 小場所打ちメイン」というシチュエーションでなければほぼ一年これ一本で楽しくシーバス楽しめちゃいます。

中規模河川以上や足場の高い港湾エリアメインの方、是非使ってみてください。

ロッドの世界観変わりますよ!

参考動画


fimoTVさんから引用

Fishman Beams LOWER8.6L

フィッシュマン ブリスト ベンダバール 10.1M FISHMAN BRIST VENDAVAL
今度のベンダバールは沖のボトムをも攻略できる感度を装備 ●10.1ftベンダバールのミッションは2つ。●1つ目はもちろん長距離砲。8.9Mを上回る飛距離叩きだすことができる。●2つ目は感度。クローラシリーズやNewインテ6.4ULにも実装している、「張りがあるのにしなやか」な要素を長尺ロッド用に、しなやかさはそのままで...

こちらは前述したVENDA10.1Mが苦手な場面、バチハクなど繊細で超軽量~軽量ルアーを使うケースはこのロッドの独壇場です。

しかしながらバットはしっかりしているので、20g級ルアーもなんなく使用できます。

特に川バチパターン。バチ抜けルアーを多用する中で底バチ系の重ためなルアー使用するときありますよね。

軽量ルアーをメインで立ち回るのが好きな方、来年のバチハク用の竿を探している方。

是非手に取ってみてください。

参考動画


fimoTVさんから引用

最後に

いかがでしたでしょうか。

かなり前置きが長いですが、必要なことは一応書けたのではないかと思います。

今回紹介した4機種をしっかりセッティングしたロングリーダーで使用すればかなり快適で、安定したベイトシーバスゲームができるのではないかと思います。

これからの秋の子サッパからコノシロまで幅広いベイトへの対応力が試されます。

1本で高次元に多種多様なルアーへ対応できるベイトタックルは必ず武器になります。

是非最適セッティングを考える参考になればいいなと思います!

もし質問等あればコメントでも、SNSでも問題ないのでご連絡ください。

参考になったよーという共有も今後のモチベーションになるので頂けると喜びます!笑

直接が恥ずかしいって方は#土屋きゅうり入れてくれれば暇を見つけて確認させて頂きます♪

最後までお読み頂きありがとうございました!

それでは!

★★★SNS★★★

アングラーズアプリ:https://anglers.jp/users/409152
Twitter:https://twitter.com/kyuurifishing
Instagram:https://www.instagram.com/kyuurifishing

★★★所属メーカーLEGARE公式★★★

日本初D2CルアーブランドLEGARE(レガーレ)
LEGARE(レガーレ)は横浜シーバスフィッシングの雄である安田ヒロキが立ち上げた横浜発のD2Cルアーブランドです。2021年夏にリリースした業界初の革新的なシステムを搭載したUNIFORCE100Fを好評発売中です。

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました