ベイトシーバス PEラインの選び方!おすすめPEラインや太さなど

タックルインプレ

皆様こんにちわ。土屋きゅうりです。

今年も続々と釣果が上がり始めていますね!もうすぐ川バチシーズンも終わりに近づいていますので港湾バチか悶絶マイクロパターンに以降しそうですね。

さて今回ですが、ベイトシーバスを楽しむ上で重要になってくるのがラインセレクトです。

もちろんシーバスゲームなのでメインラインはPEラインになってくるわけですが、実際のところラインの選び方や太さ、結束システムなど色々悩む部分が多いはず。

特にベイトシーバスはスピニングタックルとラインの選び方が少し違います

そんなベイトシーバスにおいてのラインの選び方と私がおすすめするPEラインを紹介したいと思います!

ベイトシーバスを始めたいけどラインの選び方がいまいちわからないという方

トラブルを少なくするラインの選び方や太さを知りたいという方

是非一読頂ければと思います!

また別記事でベイトシーバスおすすめロッドやリールも紹介していますので、合わせてどうぞ!

PEラインの選び方

ベイトシーバス、というかルアーフィッシングで必要不可欠な要素の一つとなるのがこのラインセレクトです。

ソルトでは基本PEライン+リーダーのセッティングになってきますが、この理由としては

PEラインは伸びが少ないのでパワー伝達がしやすい+細くて直線強度が高くラインが軽い=飛距離が出るから

伸びが少ないため感度が高いから

です。

他にも突き詰めていくと色々あると思いますがシンプルにいうと上記になるかと思います。

ソルトではバスフィッシングなどに比べると飛距離が必要なケースが大多数なのでPEライン一択になってくるかと思います。(ボートシーバスなど一部例外は除く)

ではベイトシーバスではどんなPEラインを選択すればいいのかを解説していきます。

編み込み数・撚り数

PEラインには編み込み数、撚り数という重要な観点があります。

一般的には4本撚り(X4と表記される場合が多い)、8本撚り(X8)のラインナップが大多数です。

それぞれの特徴今回はX4、X8にフォーカスして記載します。(結論としてX4がおすすめのため)

X4:4本の元糸を撚って作られているPEライン。

メリットはPEラインの中では安価で元糸が太いためコーティングが剥がれてきてもコシが維持される。

デメリットはX8に比べて表面が滑らかではないため糸鳴りがしたり、飛距離が落ちると言われている。

X8:8本の元糸を撚って作られているPEライン。

メリットは元糸が細いため非常にしなやかで、表面が滑らかなので糸鳴りがしにくかったり、飛距離が上がったりする。

デメリットはX8に比べて高価。

上記を見ていくとX8のほうが良くない?となりますよね。

ベイトシーバスでは違うんです。

ベイトタックルで一番多いトラブルがバックラッシュになりますが、PEラインは比重が軽いためよりバックラッシュがより繊細に起こります。

それはX4・X8ともに一緒ですが、重要なのはラインのコシです。

X8だとラインのコシがX4に比べて少ないためスプールに巻かれている糸が浮きやすくなります。

PEラインは伸びがないので、PEラインを使用したベイトタックルはちょっと糸が浮くだけで高切れやバックラッシュの原因になります。

PEラインを巻いたばかりの時はしっかりコーティングがされているためX4・X8のコシに違いがないように感じますが、コーティング剥がれ始めるとX8のほうが圧倒的にトラブルが増えます。

なおこの現象は糸が太くなれば少なくなってきますので3号~くらいの太いラインを使う方はX8のメリットを優先してX8をセレクトして頂いてもいいかと思います。

もう一点重要なのは価格です。

ベイトタックルは慣れないうちはもちろんライントラブルが多くなりますが、玄人でも軽微なバックラッシュは日常茶飯事です。

当然スピニングタックルよりも糸に入るダメージが多くなってきますのでラインブレイクを考慮するとラインを巻き替える頻度はどうしても上がってきます。

X8はX4の軽く倍くらいの値段がしますので、X4のほうがラインの巻き替え頻度が上がってもお財布に優しいというベイトキャスター向きなラインということになります!

PEラインの太さ

PEラインの太さについては、使用する目的やタックルバランス、主に使用するルアー重量によって選んでいきます。

ここでPEラインを選ぶ上で基本的な考え方として

糸は細くなればなるほどトラブルが多い

と考えてください。

当たり前じゃん!!と思われるかもしれませんが、ベイトタックルはこれが顕著にでます。

トラブルというのは「高切れ」「バックラッシュの解きやすさ」も含みます。

当然太糸のほうが高切れしにくく、糸が太くなればなるほど張りやコシがあるのでバックラッシュが起こりづらく、なっても解きやすくなります。

とは言え太糸にすればするほど糸が重くなったり、糸の存在感が増えるため繊細なルアーを扱いづらくなります。

1.5号あたりを基準として使用用途に合わせてセレクト頂ければいいかなと思います!

なお個人的な意見ですが、この1.5号くらいからグッとライントラブルが減って非常に使いやすくなります。

強度表記について

ちょっとニッチな題材になります。

ラインをセレクトする選び方の一つの考え方として共有しますが、PEラインの強度にはポンド数と「MAX」とか「AVE」などの記載があります。

「MAX」とはテストした中で最大値の強度という意味ですが、PEラインの強度にはある程度のばらつきがあります。

切れた負荷が 8kg 10kg 7kg 11kg となったとして、平均値は9kgですが、MAX11kgと表記されます。

「AVE」の場合は上記のテストをした際の平均値なので9kgという表記になるということです。

なんとなく「AVE」のほうが信用できる値な気がしますよね。

もちろん各メーカーさんが研究してテストして商品を販売しているのでMAX表記だから弱いってことはないと思います。

選び方の参考程度に考えて頂ければと思います!

参考動画 ※私も本件についてはこの動画で学びました。

マサッチ釣りチャンネル – 村岡昌憲ch – さんより引用

リーダーの長さ・結束システムについて

ベイトタックルのラインを考えるうえで、ラインシステムについてもかなり悩まれるかと思います。

リーダーの長さ

リーダーの長さについては使用感や好みで大きく分かれてくると思います。

トラブルという観点でいうと、先述しているライントラブルで怖いのは「バックラッシュ」よりも「高切れ」になってきます。

私もベイトタックルになれるまでは結構高切れで苦労しました。。。。

この高切れですが、リーダーをかなり長く取る(4~10ヒロなど)ロングリーダーにするとほぼ起こらなくなります。

というのも高切れ原因の多くは力みや変な力を掛けてキャストしようとした際、投げ始めの初速が上がりすぎることによって投げ始め時点バックラッシュが起こります。その際初速の大きなエネルギーがバックラッシュで一気にメインラインにかかります。

伸びのないPEラインはそのエネルギーに耐え切れず、切れてしまってルアーだけ飛んでいく高切れが発生してしまうといことになります。

そこで、初速の部分をロングリーダー(ナイロンやフロロ)にすることで、高切れと同じ現象が起きても伸びのあるリーダーが持ちこたえて高切れを防ぐことができます。

ただし、ロングリーダーはリーダーの結束部がリールのレベルワインダー、各ガイドを通りますのでタックルバランス(マイクロガイドのロッド等)次第ではむしろトラブルが激増するので気を付けてください。

PEのベイトキャストに慣れている方や、使用ルアーが軽いルアー主体、メインラインが太い場合などはキャストフィーリング重視で通常の長さ(80cmから1ヒロ程度)でも問題ないかと思います!

色々試してみてください

結束システム

結束システムについてはスピニングタックルと変わりません。

こぶが少なくガイド干渉しにくく、強度の高い結束システムがいいと思います。

おすすめのラインシステムはFGノット、ノーネイムノットです!

参考動画

FGノット

マサッチ釣りチャンネル – 村岡昌憲ch – さんより引用

ノーネイムノット

SHIMANO TV公式チャンネルさんより引用

ラインコーティング補助剤について

PEラインの編み込み数のところでラインのコシがトラブル軽減に繋がる、という話をさせて頂きました。

ラインのコシはコーティングが剝がれてくると一気に失われていきます。

そこでラインコーティング補助剤の出番です!

有名どころだと「PEにシュッ」が有名ですね。

ラインコーティングが剥がれるなら、ラインコーティングの上をコーティングしてしまえ!!

という考え方ですね(笑)

私は新品のラインでも、ラインシステムを組んだ後コーティング補助剤をかけています。

これをすればラインも長持ちするし、トラブルも減るし、飛距離はあがるし、一石鳥(?)なので是非皆様も活用ください。

これはスピニングタックルでも同様です!

※注意点として、ラインコーティング剤にはシリコンスプレーがありますが、ベイトリールは構造上スプールの近くに繊細な可動部(ベアリングなど)がありますのでシリコンスプレー系の被膜が溜まりやすくトラブルを生む可能性がありますあまりおすすめしません。

おすすめコーティング剤 バリバス PEにシュッ

モーリス(MORRIS) ラインコーティング剤 バリバス PEにシュッ! 業務用 320ml
ラインコート剤の定番中の定番「PEにシュッ! 」のお徳用ボトル。摩擦係数が減ることにより、スムーズなキャスティングと抜群の飛距離を実現。ラインの劣化、ライントラブル、ガイドの磨耗も低減。ナイロン、フロロカーボンにも最適です。

ラインコーティング剤といえばこれ!というくらい有名なコーティング剤です。

吹きかけるともうすぐツルツルします。

吹きかける場所を選ばないと、床に散布してしまって、奥様が転んでしまってめちゃめちゃ怒られた。という話を聞いたことがあるので気をつけましょう(笑)

おすすめコーティング剤 Fishman PE革命

【Fishman/フィッシュマン】PE革命(ラインコーティングミスト)
【Fishman/フィッシュマン】PE革命(ラインコーティングミスト)

ベイトロッド専門メーカー、Fishmanから発売されたコーティング剤です。

特殊ケイ素剤がガラス質の膜に変化し、その上にフッ素剤を乗せて滑りをよくするといった新しい考えのコーティング剤です。

ラインのコシも復活するため、正にベイトキャスター専用コーティング剤といえます!

おすすめPEライン

長々と選び方を記載する私の悪い癖です(笑)

おすすめ商品を紹介することも重要ですが、皆様が自分に合ったPEラインを選べるようになることのほうが重要だと考えていますので是非お付き合いください。。。。

私からのおすすめラインはもはや1つです!

【ダイワ】UVF PEデュラセンサー×4+Si²

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF PEデュラセンサーX4+Si2 0.6-4号 200/300m マルチカラー
耐摩耗性・耐久性に優れた高密度「マッスルPE」! 糸としての質が格段に向上! 耐摩耗性に優れたデュラセンサーの中でも、密に編み込まれたラインがマッスルPE。「こすれに強い/耐久性向上/音鳴り軽減/飛距離アップ」

ダイワさんから発売されているPEラインです。

他社製品よりも密巻きな4本撚りPEラインで、密巻きと特殊コーティングの恩恵でX4PEラインの弱点である飛距離が出にくい、糸鳴りがするといったデメリットを軽減してくれていますし、参考情報に出した「AVE」表記のラインです。

価格も非常にお安いラインですので、ベイトキャスターはこのライン一択かなっと勝手に思っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ベイトタックルセッティングにおいてラインセレクトやシステムはかなり悩まれる部分かと思います。

適切なラインセレクトをすることでトラブルを少なくしてより快適なベイトキャスティングライフが送れるようになると思いますので、参考になれば幸いです!

ベイトタックルのセッティングを煮詰めれていく作業もベイトキャスティングゲームの面白い部分かと思いますので、是非楽しみながらあれこれ試していただければと思います!

それでは!

★★★SNS★★★

アングラーズアプリ:https://anglers.jp/users/409152
Twitter:https://twitter.com/kyuurifishing
Instagram:https://www.instagram.com/kyuurifishing

★★★所属メーカーLEGARE公式★★★

日本初D2CルアーブランドLEGARE(レガーレ)
LEGARE(レガーレ)は横浜シーバスフィッシングの雄である安田ヒロキが立ち上げた横浜発のD2Cルアーブランドです。2021年夏にリリースした業界初の革新的なシステムを搭載したUNIFORCE100Fを好評発売中です。

おすすめ記事も合わせてどうぞ!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました