【2024年版】ベイトシーバス PEラインの選び方!おすすめPEラインや太さなど

タックルインプレ

皆様こんにちわ、土屋きゅうりです。

ベイトシーバスを楽しむ上で重要になってくるのが「PEラインセレクト」です。

実際のところベイトリールと相性の良いPEラインの選び方や太さ、結束システムなど色々悩む部分が多いはず。

そんなPEラインの選び方とベイトリール向きなおすすめPEラインを紹介したいと思います!

ベイトシーバスを始めたいけどラインの選び方がいまいちわからないという方

ベイトリールと相性の良いラインの選び方や太さを知りたいという方

ベイトリールと相性の良いおすすめのPEラインを探している方

是非一読頂ければと思います!

筆者情報

記事の最後に筆者SNSリンクを掲載していますので、是非フォローの程よろしくお願い致します♪

PEラインのメリット・選び方

PEラインのメリット

伸びが少ない

PEラインは伸びが少ないのでパワー伝達がしやすく、非常感度です。

長距離戦の多いシーバスゲームではフッキング率の向上や水流や地形の変化を感じとりやすい部分は大きなメリットとなります!

直線強度が高く、飛距離が出しやすい

PEラインは耐摩耗性や熱耐性は低いものの、直線強度が高く軽いので十分な強度でラインを細くすることができるため飛距離が出すことが可能です!

PEライン撚り数ごとの特徴・選び方

一般的には4本撚り(X4と表現される)、8本撚り(X8と表現される)のラインナップが大多数です。

X4PEライン(4本撚り)

4本の元糸を撚って作られているPEライン。

メリットは元糸が太いため張り・コシが強い。コーティングが剥がれてきてもコシが維持される。X8PEラインに比べて安価。

デメリットはX8PEラインに比べて表面が滑らかではないため糸鳴りがしたり、飛距離が落ちると言われている。

基本的にはラインにコシがあるX4PEラインのほうがX8PEラインに比べて糸が浮きにくいのでバックラッシュしづらく、ベイトリールとの相性が良いです!

X8PEライン(8本撚り)

8本の元糸を撚って作られているPEライン。

メリットは元糸が細いため非常にしなやかで、表面が滑らかなので糸鳴りがしにくかったり、飛距離が上がったりする。

デメリットはX4PEラインに比べて高価。

PEラインにおける太さの選び方

PEラインの太さはベイトリールとの相性や使用する目的、主に使用するルアー重量によって選びます。

PEラインは細くなればなるほどトラブルが多くなります

当然太糸のほうが高切れしにくく、糸が太くなればなるほど張りやコシが上がるのでバックラッシュが起こりづらく、バックラッシュが起こった場合も解きやすくなります。

とはいえ太糸にすればするほど風の影響を受けやすく、基本的に風の強い日はなんでもやりづらくなったり繊細なルアーを扱いづらくなります

おすすめのPEライン撚り数・号数

PEラインを使用したベイトタックルの経験が少ない方はトラブルの少ないX4PEライン2号以上

シーバスメインで8~40g程度のルアーを主体に使う場合はX4PEライン1.5号

6g程度のルアーを細かく操作するケース場合はX4PEライン1号

ライトゲームなど超小型ルアーを使用する場合はX4PEライン0.6号

サーフなどで重ためなルアーをぶっ飛ばしたり、ビッグベイトを使う場合は X8PEライン2号以上となります!

私の主観ですが、1.5号以下はX4PEライン、2号以上はX8PEラインがおすすめです。

ベイトリールにおいては1.5号以下になるとX8PEラインのトラブルがかなり増えるため、細くするならX4PEライン、太くするならX8PEラインをセレクトしましょう!!

PEラインとリーダーの結束システムについて

結束システムは迷わずFGノットか摩擦系の結束が細いもので!!

参考動画


HIROKI STYLE
引用

ベイトシーバスおすすめPEライン

前置きが長くなりましたが、ここからは私が選ぶベイトシーバスおすすめPEラインのご紹介です♪

ラインのコシが強く、ベイトリールとの相性がバツグンなPEラインを選別していますので是非ご参考にして頂ければと思います!!

【山豊テグス】PEレジンシェラー

ベイトシーバスでは特に人気のPEライン。

8本撚りはハード樹脂コーティングの恩恵でX8PEラインの中ではかなり張り・コシがありベイトリールと非常に相性が良くおすすめのPEラインです!

4本撚りは表面が滑らかでX4PEラインのデメリットが少なくシャキッとした特徴はそのままに他社製品よりも若干細めなので号数を上げれるという特徴があり、こちらも非常におすすめです♪

実際このラインを使用してから飛距離がアップした感覚があるので、現状私のイチオシです♪

created by Rinker
ヤマトヨテグス(YAMATOYO)
¥1,308 (2024/03/01 22:17:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,029 (2024/03/01 22:17:55時点 楽天市場調べ-詳細)

参考動画

fimoTVさんから引用

【YGK】XBRAID UPGRADE

シーバスアングラーの皆様にはお馴染の大人気PEラインです。

値段も比較的安めで使い勝手もよく、特におすすめな点はほかのPEラインより長持ちする印象があります。

私個人的に表面サラサラ系のPEラインがあまり好きではない(結束が組みにくい)ので表面しっとり系(?)のラインという点も好きだったりします(笑)

4本撚りもほかのラインと比べて密巻きなので、X4PEライン特有の糸鳴りや飛距離への影響が少なくコシも強いのでベイトリールとの相性抜群です♪

created by Rinker
エックスブレイド(X-Braid)
¥2,900 (2024/03/01 23:01:11時点 Amazon調べ-詳細)

参考動画

オヌマンchさんより引用

【ダイワ】UVF PEデュラセンサー

耐摩耗性300%!!?

ダイワさんから発売されているPEラインです。

価格も非常にお安いラインですがX4も密巻きで表面コートもしっかりしているためX4特有のデメリットが緩和されています。

X8も非常に癖がなくベイトリールでも使いやすい割にお安いのでどちらもかなりおすすめです♪

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥1,564 (2024/03/02 09:25:42時点 Amazon調べ-詳細)

参考動画

DAIWA Salt Water Fishingさんより引用

【サンライン】 ソルティメイト CAREER HIGH(キャリアハイ)6

濱本国彦プロ監修の珍しい6本編みPEラインです。

4本編みのザラつきや張り・コシと8本編みの表面の滑らかさによる糸鳴りの少なさや飛距離アップの特性をいいとこどりしたベイトリールとも非常に相性のいいラインです!

価格もお求めやすく非常におすすめなラインです♪

参考動画

fimoTVさんから引用

【シマノ】 パワープロZ

Spectra原糸という国産PEラインではほぼ使用されていない素材を使用したライン。

原糸が太く、耐摩耗性が圧倒的に高くライン自体のハリ・コシが強いためベイトタックルと非常に相性がいいPEラインです!

耐摩耗性が非常に高いということはガイドへの擦れやバックラッシュを解く際に発生するPEラインの消耗が少なく、非常に長持ちする上に販売価格がリーズナブルなためかなりコスパの高いので超おすすめPEラインです♪

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,804 (2024/03/01 22:17:58時点 Amazon調べ-詳細)

参考動画

fimoTVさんから引用

最後に

いかがでしたでしょうか。

ベイトシーバスにおいてラインセレクトやシステムはかなり悩まれる部分かと思います。

適切なラインセレクトをすることでトラブルを少なくしてより快適なベイトキャスティングライフが送れるようになると思いますので、参考になれば幸いです!

セレクトしたベイトリールと相性の良いPEラインを煮詰めれていく作業もベイトキャスティングゲームの面白い部分かと思いますので、是非楽しみながらあれこれ試していただければと思います!

それでは!

★★★SNS★★★

アングラーズアプリ:https://anglers.jp/users/409152

Instagram:https://www.instagram.com/kyuurifishing

コメント

タイトルとURLをコピーしました