【バチ抜け調査 中川水系】今周期もいい感じです!

きゅうりの釣行記

皆様こんにちわ。土屋きゅうりです。

アングラーズマイスターの返信やなんやらかんやらで忙しかったですが、夕方には落ち着きましたので釣り具屋へ。

モーゲット BSJ-9320RSII
モーゲット BSJ-9320RSII

おかっぱり用にBluestormさんの自動膨張式ライフジャケット「モーゲット BSJ-9320RSII」を購入して参りました。

模範的アングラーを目指すならおかっぱりでもライフジャケットを装着するべきと考えての購入です!

おかっぱりは基本ショルダーバッを使用していますので、邪魔にならないよう小さめなものを選択しました。

性能は国土交通省形式承認品TYPE A なので遊漁船でも使用できます!

思ったより邪魔にならなくてよき!

帰宅してすぐバチ抜け調査に向かいました。

本日の状況

※後撮りしたので少し現在時刻の部分が変な時間になっています。

大潮最終日で河口の満潮が17:59 いつも通りタイムタグを1時間として19時半頃が時合と予想。

風は3~4Mで少し水面が波立っている感じ。

本日のタックル

【ロッド】Fishman Beams CRAWLA 8.3L+

Fishman (フィッシュマン) Beams CRAWLA 8.3L+(ビームス クローラ)
Fishman (フィッシュマン) Beams CRAWLA 8.3L+(ビームス クローラ)

いつもの相棒です!

【リール】22ジリオンTW HD XHL

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22ジリオン TW HD 1000H/1000HL/1000XH/1000XHL 右/左ハンドル(2022モデル)
ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22ジリオン TW HD 1000H/1000HL/1000XH/1000XHL 右/左ハンドル(2022モデル)

つい先日導入したリールです。

ぶっちゃけ言います。ここ数年で使用したリールの中で一番使いやすい。

キャスティングが快適なのは7g~くらいからですが、6g台のルアーも全然投げれますし34mmスプールの安定感と「MAG-Z BOOSTスプール」の性能がエグい。ストレスなくめっちゃ飛ぶ。

ここで話し始めると大変な文字数になりそうなので、、、

また別記事にでもしたいと考えています!

【ライン】ダイワ UVF PEデュラセンサー×4+Si² 1.2号

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF PEデュラセンサーX4+Si2 0.6-4号 200/300m マルチカラー
ダイワ(DAIWA) PEライン UVF PEデュラセンサーX4+Si2 0.6-4号 200/300m マルチカラー

いつものラインです!

ベイトシーバスおすすめロッド、リールやおすすめラインの記事も投稿していますのでご興味ある方はどうぞ!↓

19時エントリー

本日はバチ抜けパターンでのエントリーは初めてのポイントへ。

今回は近所の知人との釣行となりました!

ワンド状になっていていかにもバチが溜まりそうなポイントです。

バチのたまり場と流心がぶつかる辺りを攻めるのが最近得意なパターンです。

簡単な図にするとこんな感じ※いつも雑図ですみません

今回は釣りたいルアーが2つあります!

1.パズデザイン アルバトロス 150FG

pazdesign.co.jpさんから引用
パズデザイン ルアー reed・Albatross150FG A150FG レッドヘッドレンズホロ
パズデザイン ルアー reed・Albatross150FG A150FG レッドヘッドレンズホロ

今年、爆発的な釣果力で人気を博した小沼正弥プロ監修の ヒソカ120F。

しかしその人気から中々手に入らないレアルアーと化しました。

私はなんとかヒソカの代替えができるルアーがないかと探した結果発見したルアーです。

細身、ロングボディ、リップ。まさに代替えできそう。

Twitterフォロワーさんはバチ抜けに効くよっておっしゃってました。

※実際は割とヒソカと別物ルアーだった(笑)

2.パズデザイン マッチボウ100F

pazdesign.co.jpさんから引用
Pazdesig(パズデザイン)/reed(リード) マッチボウ100F/Macthbow100F #005 マットピンク 100㎜/7.5g MB100F-005
Pazdesig(パズデザイン)/reed(リード) マッチボウ100F/Macthbow100F #005 マットピンク 100㎜/7.5g MB100F-005

こちらもヒソカを使わないなら、これかなと。

細身ボディにリップでヒソカと近しい使い方ができそうだなと思って買ってありましたが、未釣果でした。

どちらも通販で買える程度には流通しています。

なんとかこの2つで釣果を出したい!!

まずはアルバトロス 150FG

思ったより長いっ!!

フィール150SGでこのサイズ感に慣れていなかったら使わないでボックスにしまうレベル(笑)

アクションはそもそもヒソカと姿勢が全然違うので別物アクションでした。

ヒソカは水面に対してほぼ水平姿勢で、ちょっとでも早巻きすると潜るくらい絶妙な浮力設定なので結構引き波が弱めです。

対してアルバトロスは頭が水面からでて、おしりが水中にあるペンシルベイトみたいな姿勢です。

この姿勢の影響で結構強い引き波が出ます。

似ていますがヒソカとアルバトロスは全く別物ルアーです。

なんてアクション試していたらがっつりボイルし始めます。

元々半信半疑で来たのですが、4月上旬でも川バチって成立するのね。

アルバトロスをスローリトリーブしてきます。

グングングンっ!!

アルバトロスフィッシュきたああああああ

しかし痛恨のバラシ。

針がかりはしちゃったから同じ魚は食わないだろうがもう一度同じコースを通します。

ぼっふっグングン

今回はバチ抜け捕食音と共に強烈な引き!!

またも痛恨のバラシ!!まじかっ!!

針チェックするも針先は問題なし。

おそらくベイトタックルありがちのミスです。

ベイトタックルはめちゃめちゃパワフルにファイトできてしまうため、ドラグを気持ちゆるめにしないとフッキングが甘い場合、すっぽ抜けてすぐバレる。

バチ抜けパターンは結構食いが浅いケースが多いので尚更です。

ベイトアングラーの皆様お気をつけください。

しかしアルバトロスで連続ヒットは取れた。ルアーが効くことが分かりました。

引き続き浅瀬と流心の境目をピンポイントに流します。

ごっぼ!!

またもや捕食音と同時元気な引きで楽しませてくれます!!

36cmの元気なシーバス君です。

アルバトロス初フィッシュ!

ちなみにこの子の半分くらいあるからね、ルアー長さ(笑)

続けてボイル打ちで追加!

ちょっとやせ型な47cm。まだアフターな感じの個体です。

全速力で写真を撮ってすぐに逃がしてあげました。

ここでルアーを変更します。

なんか100mmルアーに安心する私(笑)

マッチボウもヒソカと比べて強い引き波を出しますが、リップがほぼ垂直なので水流を食らっても潜らないので気を使わなくてもいいフローティングモデルのルアーです。

シルエットはヒソカと同じくらい細身ボディなので食わせ能力も抜群です!

投入後すぐに結果が出ます。

なんとさっきと同じ47㎝!!こんな奇跡ある?(笑)

ちなみに尻尾を見て頂ければ別の個体とすぐわかります。

時合が終わり、、、

3匹目をキャッチしてしばらく粘りましたが、誤爆はあるもののヒットさせることはできませんでした。

知人はシーバス1 巨ゴイ1の結果でした!

スライ110Fでの釣果だったみたいです。

バチ抜けが終わり、ボイルがなくなったので10時前頃納竿しました。

今回釣りたかったルアーで釣果を上げることができたのがなによりの成果です。

やはり入手しやすいルアーを紹介することで、皆様の釣果に貢献しやすいのではないかと毎回考えております!

(とはいえ釣果優先で人気ルアーを使うことも。。。。)

まだまだバチ抜けが楽しめそうだったので一安心な釣行でした!

また明日も行くと思われますっ!!

それでは!

おすすめ記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました